最短合格の秘訣

最短合格の秘訣

 

簿記資格試験の最短合格の秘訣について、お話したいと思います。

 

それは、自分の日常生活に簿記を組み込むことです。

 

簡単に言うと、家計簿をつけてみることです。

 

簿記を知る上で、重要なことは、取引の流れと仕訳を実際にイメージし結びつけることができるかどうかだと思います。

 

その意味でも、あなたが社会人なら、毎月給与を会社からもらい、生活費として様々なことにお金を使っていると思います。

 

それを、簿記の各勘定科目に当てはめて、仕訳を作成し、貸借対照表と損益計算書を作ってみましょう。

 

そうすることで、より簿記をリアルに感じることができます。

 

はじめは、よくわからなくても、毎月仕訳を作成し、貸借対照表と損益計算書を作成することで、簿記を本当の意味で理解できると思います。

 

簿記では、様々な勘定科目があるため、実際に自分に当てはめても、関係ない科目もあると思います。

 

それは、それでよいと思います。

 

重要なことは、体験してみることです。

 

仕事もそうですが、実際に読んだり聞いたりするのと、やってみるのとでは理解するスピードが違います。

 

はじめは、間違えてもいいと思います。

 

間違いながら、本当に自分の力になる簿記を学ぶことが大切だと私は思います。

 

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A