簿記の基本的な流れ

簿記の基本的な流れ

 

簿記の基本的な流れをご説明します。

 

例えば、株式会社A社を設立したとしましょう。(業種は、雑貨小売業)

 

会社経営を進める上で、必ず生じるのが「取引」です。

 

例えば、A社が卸売業者B社から、雑貨を仕入れます。

 

その雑貨を店に並べて、消費者に販売します。

 

卸売業者B社からの仕入れや消費者への販売は、それぞれごとで「取引」が発生します。

 

それぞれの取引については、会社で記録・管理する必要があります。

 

この時に利用するのが「簿記」です。

 

簿記では、それぞれの取引を「仕訳」を使用し、記録・管理していきます。

 

 ※ 仕訳については、別ページで説明します。

 

この仕訳について、それぞれ単品ごとではなんだかよくわからないので、それぞれの勘定科目ごとにまとめます。

 

このまとめたものを「総勘定元帳」といいます。

 

この総勘定元帳では、勘定科目ごとに金額が集計され、取引内容を把握することができます。

 

総勘定元帳では、勘定科目ごとの内容及び金額はわかりますが、会社全体でどれだけ資産・負債があって、どれだけ儲けてい
るかはよくわかりません。

 

そのため、各勘定科目を資産や負債、儲け等(収益・費用)に区分し、1ヶ月ごと(累計も可)に見やすくまとめた書類を作成します。

 

この書類を「試算表」といいます。

 

試算表は、資産や負債などをまとめた「貸借対照表」会社の営業成績(収益・費用)をまとめた「損益計算書」に分けられます。

 

これを年間ベースで作成したものが、「決算書」になります。

 

決算書も基本構成は試算表と同様です。

 

決算書は、会社の1年間の取引の集大成になります。

 

以上が、基本的な流れになります。

 

 

簿記、基本、貸借対照表、損益計算書、勘定科目

簿記講座【資格の大原】
資格の大原 簿記講座 3大キャンペーン始まりました。 大原の講師は、簿記・会計講座の専任です!そのため、講義がわかりやすい!教材は、大原講師によるオリジナルで、無駄のない合格直結の学習が可能です。大原には、常勤の講師がいます。そのため、質問しやすい環境があります。また、個別に学習アドバイスが受けられます。大原は日商簿記と全経簿記教育のプロ。長年の指導で培われた教育システムには、定評があります。
ユーキャンの簿記(3級)講座

ユーキャンの教材はわかりやすい工夫が満載!知識ゼロでも安心! 簿記3級の学習が初めてという方のことを考え、初歩の初歩から丁寧に解説しています。更に、スタートアップDVDでスムーズに始められる!また、テキストは、イラストが豊富でわかりやすく、ポイントが一目でわかります。
資格の学校TAC<簿記検定>
TACの講師陣は、試験傾向を分析し日々研究を重ねることで、単に知識を提供するだけでなく、理解して覚えるためのノウハウを盛り込んだ熱い講義をお届けしています。また、3級〜1級で使用する「合格テキスト」は、各論点が受験対策用に整理されており、2色刷りで図解やイラストを用いて、わかりやすくレイアウトされています。更に、合格に必要な知識を修得できるように、効率性を重視したカリキュラムを組んでいます。

 

簿記、基本、貸借対照表、損益計算書、勘定科目

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A