簿記の基礎知識

簿記の基礎知識記事一覧

簿記の基本的な流れ

簿記の基本的な流れをご説明します。例えば、株式会社A社を設立したとしましょう。(業種は、雑貨小売業)会社経営を進める上で、必ず生じるのが「取引」です。例えば、A社が卸売業者B社から、雑貨を仕入れます。その雑貨を店に並べて、消費者に販売します。卸売業者B社からの仕入れや消費者への販売は、それぞれごとで...

≫続きを読む

 

仕訳とは

仕訳についてご説明します。仕訳とは、1つの取引を2つの側面(原因と結果)から、勘定科目と金額を利用し記録することをいいます。取引は、下記のイメージ図のように構成されています。【取引 ⇒ 仕訳に変換】借方貸方普通預金          1,000,000資本金           1,000,0001...

≫続きを読む

 

貸借対照表と損益計算書の関係

企業の経済活動(取引)は、簿記の仕訳(借方/貸方)を通じて、大きく2つに集約されます。1つは、企業の「一定時点」の財政状態を表す「貸借対照表」です。もう1つは、企業の「一定期間」の営業成績を表す「損益計算書」です。例えば、貸借対照表を家計に置き換えると・・・貸借対照表は、家計の財産(預金、家、土地な...

≫続きを読む

 

勘定科目例(資産)

貸借対照表の「資産」に関する勘定科目(例)を、下記に記載しました。経理実務を意識した勘定科目(例)でまとめてみました。【流動資産】勘定科目名各勘定科目の説明現金手許にある現金・他人振出小切手等当座預金小切手や手形の支払いを決済する口座(法令により利息が付かない)普通預金いつでも自由に引き出しや預け入...

≫続きを読む

 

勘定科目例(負債)

貸借対照表の「負債」に関する勘定科目(例)を、下記に記載しました。経理実務を意識した勘定科目(例)でまとめてみました。【流動負債】勘定科目名各勘定科目の説明支払手形商品の仕入代金・買掛金の代わりにもらう手形債務買掛金商品の仕入代金および加工、役務提供などによる代金のうち、まだ支払していない未払い分短...

≫続きを読む

 

勘定科目例(純資産)

貸借対照表の「純資産」に関する勘定科目(例)を、下記に記載しました。経理実務を意識した勘定科目(例)でまとめてみました。勘定科目名各勘定科目の説明資本金会社設立時に株主から出資してもらった金額利益準備金資本金の4分の1に達するまで現金配当額の1/10を積み立てる準備金別途積立金株主総会の決議に基づき...

≫続きを読む

 

勘定科目例(収益)

損益計算書の「収益」に関する勘定科目(例)を、下記に記載しました。経理実務を意識した勘定科目(例)でまとめてみました。【売上高・営業外収益・特別利益】勘定科目名各勘定科目の説明売上高商品や製品の売上高売上値引・返品高商品や製品の売上値引・返品受取利息預金利息、貸付金利息など受取配当金株式、出資金等に...

≫続きを読む

 

勘定科目例(費用)

損益計算書の「費用」に関する勘定科目(例)を、下記に記載しました。経理実務を意識した勘定科目(例)でまとめてみました。【売上原価】勘定科目名各勘定科目の説明期首商品棚卸高期首の商品在庫商品仕入高売上商品の仕入高。商品の仕入運賃などの付随する費用を含みます。仕入値引・返品高仕入商品などの値引・返品期末...

≫続きを読む

 

勘定科目例(製造原価)

損益計算書の「製造原価」に関する勘定科目(例)を、下記に記載しました。日商3級試験では、あまり関係ないと思いますが、参考として記載しました。経理実務を意識した勘定科目(例)でまとめてみました。勘定科目名各勘定科目の説明期首材料棚卸高期首の材料在庫材料仕入高製品製造のための原材料の仕入れ期末材料棚卸高...

≫続きを読む

 

最短合格の秘訣

簿記資格試験の最短合格の秘訣について、お話したいと思います。それは、自分の日常生活に簿記を組み込むことです。簡単に言うと、家計簿をつけてみることです。簿記を知る上で、重要なことは、取引の流れと仕訳を実際にイメージし結びつけることができるかどうかだと思います。その意味でも、あなたが社会人なら、毎月給与...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A