資格取得に当たって大切なこと

資格取得に当たって大切なこと


日商簿記3級試験に合格するために、大切なことはなんでしょうか。

 

簿記試験に限らず、様々な資格取得に当たっては、下記の点を意識しながら勉強することが大切です。

 

@合格することを誓う(紙にかいて貼る)

  試験取得に当たっての意気込みを紙などに書いて、部屋の目立つところに貼ることは、非常に効果があります。
  意外にこういったことをされている人は少ないと思います。
  しかし、実際にやってみると、効果がありますので、是非試しに書いて部屋に貼ってみてください。
  どうしても、試験勉強をしているとテンションが下がってくる場合があります。
  そんな時は、部屋に貼った意気込みを見て、試験を受けようと思った時の気持ちを思いだし、新たな気持ちで
  勉強することが大切です。

A資格取得後を想像しながら、勉強する

  資格は取得するだけでは、意味がありません。
  資格は、ビジネスの場やプライベートにおいて利用してこそ意味があります。
  そのため、試験勉強を始めた頃から、資格取得後どんなことに活用できるか想像しながら勉強してみてください。
  ただ漠然と資格取得を目指すのではなく、資格取得後の活用をイメージしながら勉強することで、試験勉強も
  楽しく感じると思います。

Bスケジュールを立てる

  資格試験を受ける場合、まず確認すべきは試験日です。
  まずは、試験日を確認し、試験日から逆算し、ゆとりを持って勉強をはじめましょう。
  勉強を始めるに当たって、勉強開始日から試験日までのスケジュールを簡単でいいので、作成しましょう。
  スケジュールを作成することで、勉強の進捗度合いもわかりますし、先が見えることで安心できます。

C基礎を固める

  試験を受けるに当たって、はじめが肝心です。
  まずは、基本的な項目については、しっかり理解しましょう。
  はじめの基本を疎かにすると、少し問題が難しくなっただけで対応ができない場合があります。
  基本がしっかり身に付くと、3級よりも上の級(1級や2級)を受験する場合に、非常にスムーズに勉強できます。
  何事も、基本が大切です。

D過去問題を多く解き、量をこなす(本番の試験問題に慣れる)

  ある程度基礎を学んだら、その後は、過去問題を多く解くことをお勧めします。
  過去問題を多く解くことで、本番の試験であわてることなく解くことができ、また、試験の傾向を知ることができます。

E間違いノートを作る

  試験勉強を始めると、当然得意な項目と苦手な項目が出てきます。
  そんなときに役立つのが間違いノートです。
  試験勉強を勧めながら、間違いやすい項目については、ノートにまとめます。
  そうすることで、弱点を克服することができます。
  また、ノートにまとめることで、頭の中が整理されます。
  得意な項目は、もともと間違いにくいため、それよりも間違いやすい項目に力を注ぐことで、合格点を確保しましょう。

 

以上が、資格取得に当たって大切なことです。

 

ぜひ、1つでもよいので試してみてください。

 

 

簿記、日商簿記、日商簿記3級、資格取得、大切なこと

簿記講座【資格の大原】
資格の大原 簿記講座 3大キャンペーン始まりました。 大原の講師は、簿記・会計講座の専任です!そのため、講義がわかりやすい!教材は、大原講師によるオリジナルで、無駄のない合格直結の学習が可能です。大原には、常勤の講師がいます。そのため、質問しやすい環境があります。また、個別に学習アドバイスが受けられます。大原は日商簿記と全経簿記教育のプロ。長年の指導で培われた教育システムには、定評があります。
ユーキャンの簿記(3級)講座

ユーキャンの教材はわかりやすい工夫が満載!知識ゼロでも安心! 簿記3級の学習が初めてという方のことを考え、初歩の初歩から丁寧に解説しています。更に、スタートアップDVDでスムーズに始められる!また、テキストは、イラストが豊富でわかりやすく、ポイントが一目でわかります。
資格の学校TAC<簿記検定>
TACの講師陣は、試験傾向を分析し日々研究を重ねることで、単に知識を提供するだけでなく、理解して覚えるためのノウハウを盛り込んだ熱い講義をお届けしています。また、3級〜1級で使用する「合格テキスト」は、各論点が受験対策用に整理されており、2色刷りで図解やイラストを用いて、わかりやすくレイアウトされています。更に、合格に必要な知識を修得できるように、効率性を重視したカリキュラムを組んでいます。

 

簿記、日商簿記、日商簿記3級、資格取得、大切なこと

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A