簿記とは

簿記とは?

 

簿記の概要について、簡単にご説明します。

 

@簿記とは?

簿記とは、一定のルールに従って帳簿を作成し、取引等の事実を記録及び管理する技法をいいます。
簿記は、主に会社経営などをする上で必要となります。
例えば、会社を経営していく上で、いくら儲かったのか(営業成績)、会社の資産や負債の状況は
どうなっているのか(財政状態)などを明らかにする場合に必要となってきます。
なお、簿記とは、「帳簿記入」の略称と言われています。

A簿記の表記方法

簿記の表記方法には、「単式簿記」と「複式簿記」の2種類があります。

B単式簿記

イメージとしては、ご家庭で利用している家計簿の形と似ていて、現金の出入りを基準にして、収入と支出を記録・管理
していくものです。
単式簿記の場合、毎日の現金残高は把握できますが、どんな収入がいくらあって、又、何にいくら使ったかなど原因把握
ができません。

C複式簿記

簿記において記録・管理しなければならない対象を「取引」といいます。
この「取引」は、「原因と結果」という2つの側面から成り立っています。
この2つの側面(原因と結果)には、資産・負債などの増減や損益(収益・費用)の増減などが関係してきます。
この2つの側面(原因と結果)を記録・管理することで、一定時点の資産・負債の残高は悪や、一定期間の損益
(収益・費用・利益)の把握が可能となります。
複式簿記では、1つの取引に係る金額を、取引の「原因と結果」の観点から「借方(左側)」と「貸方(右側)」で
把握し、記録していきます。
最終的に「借方(左側)」と「貸方(右側)」の合計額は常に一致することになります。
なお、一定時点の資産・負債などの残高がまとめられた表を「貸借対照表(B/S)」と呼びます。
また、一定期間の収益・費用・利益がまとめらた表を「損益計算書(P/L)」と呼びます。

D簿記の種類

経済活動に応じて、主に2つに区分されます。
一つは「商業簿記」で、もう一つは「工業簿記」です。

E商業簿記

商業に適用される簿記で、完成している商品を仕入れて販売する会社などの財務状態を管理するための記帳方式
をいいます。

F工業簿記

製造業に適用される簿記をいいます。

 

 

簿記、日商簿記、日商簿3級、商業簿記、工業簿記

簿記講座【資格の大原】
資格の大原 簿記講座 3大キャンペーン始まりました。 大原の講師は、簿記・会計講座の専任です!そのため、講義がわかりやすい!教材は、大原講師によるオリジナルで、無駄のない合格直結の学習が可能です。大原には、常勤の講師がいます。そのため、質問しやすい環境があります。また、個別に学習アドバイスが受けられます。大原は日商簿記と全経簿記教育のプロ。長年の指導で培われた教育システムには、定評があります。
ユーキャンの簿記(3級)講座

ユーキャンの教材はわかりやすい工夫が満載!知識ゼロでも安心! 簿記3級の学習が初めてという方のことを考え、初歩の初歩から丁寧に解説しています。更に、スタートアップDVDでスムーズに始められる!また、テキストは、イラストが豊富でわかりやすく、ポイントが一目でわかります。
資格の学校TAC<簿記検定>
TACの講師陣は、試験傾向を分析し日々研究を重ねることで、単に知識を提供するだけでなく、理解して覚えるためのノウハウを盛り込んだ熱い講義をお届けしています。また、3級〜1級で使用する「合格テキスト」は、各論点が受験対策用に整理されており、2色刷りで図解やイラストを用いて、わかりやすくレイアウトされています。更に、合格に必要な知識を修得できるように、効率性を重視したカリキュラムを組んでいます。

 

簿記、日商簿記、日商簿3級、商業簿記、工業簿記

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A