簿記とは

簿記とは記事一覧

簿記とは?

簿記の概要について、簡単にご説明します。@簿記とは?簿記とは、一定のルールに従って帳簿を作成し、取引等の事実を記録及び管理する技法をいいます。簿記は、主に会社経営などをする上で必要となります。例えば、会社を経営していく上で、いくら儲かったのか(営業成績)、会社の資産や負債の状況はどうなっているのか(...

≫続きを読む

 

簿記の知識を活かした職業とは

簿記の知識を活かした職業は、なんだと思いますか?答えは、職業は問いません。すべての職業に活かせます。なぜなら、簿記の知識は、ビジネスの場だけでなく、あらゆる場で利用できるためです。ビジネスで考えるなら、企業経営者、経理担当者、営業担当者、製造責任者などは、簿記の知識があった方がより経営に好影響を与え...

≫続きを読む

 

簿記の資格を取得した場合に得られる効果

簿記の資格を取得した場合、自分自身にとってどのような効果があるのでしょうか。たとえば、下記のような効果があります。【簿記の資格を取得した場合に得られる効果】 会社の帳簿を正しくつけられるようになります。 自社の長所や短所を分析できるようになります。 費用(コスト)や利益率を意識するようになります。(...

≫続きを読む

 

簿記のメリット

簿記を学ぶことによるメリットには、つぎのようなものが挙げられます。【メリット】 金銭感覚が身につく 経済の動きがわかるようになる 就職・転職に有利 自分のライフプランニングに役立つ 社内評価があがる 税理士や公認会計士へのステップに繋がる 独立開業の際に役立つみなさんは、『簿記』に対してどんなイメー...

≫続きを読む

 

簿記の資格を取得するのに向いている人

簿記の資格を取得するのに向いている人は、たとえば次のような人です。 数字を扱うのが好きな人 損得に興味がある人 計算が得意な人 地道な作業ができる人 几帳面な人 整理整頓が得意な人 取引先企業の経営状態を把握したい人 中小企業全般の経営者 税務申告を自分で行いたい人 税理士や公認会計士を目指している...

≫続きを読む

 

簿記の資格を取得するのに向いていない人

簿記の資格を取得するのに向いていない人は、たとえば次のような人です。 面倒くさがりな人 数字に酔う人本来、資格取得に向き・不向きはありません。あるのは、本人の資格取得への姿勢だけだと思います。資格取得への揺るぎない気持ちがあれば、誰でも資格取得は可能です。簿記講座【資格の大原】大原の講師は、簿記・会...

≫続きを読む

 

簿記の資格取得に要する時間は

資格取得に要する時間は、目安としては「3ヶ月」程度になります。日商簿記3級の試験回数は、『年3回(2月、6月、11月)』あり、他の資格と比較した場合、1年あたりの試験回数は多い方だと思います。日商簿記3級は、簿記の基礎を中心に学ぶため、3ヶ月程度で学ぶことが可能です。また、日商簿記3級試験の合格基準...

≫続きを読む

 

資格取得に当たって大切なこと

日商簿記3級試験に合格するために、大切なことはなんでしょうか。簿記試験に限らず、様々な資格取得に当たっては、下記の点を意識しながら勉強することが大切です。@合格することを誓う(紙にかいて貼る)  試験取得に当たっての意気込みを紙などに書いて、部屋の目立つところに貼ることは、非常に効果があります。  ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A