主婦の方へ

主婦の方へ

 

主婦の方へ、簿記の活用法をご説明します。

 

主婦の方の中には、家計簿をつけている方も多いと思います。

 

私は、サラリーマンですが、働き始めてから、現在まで約15年くらい家計簿をつけています。

 

家計簿といっても、現在は、大分バージョンアップして、事業者向けの会計ソフトで入力して、財産・債務・損益の管理をしています。

 

話は戻りますが、簿記の活用法ですが、ずばり「予算管理」をしてみましょう!ということです。

 

多くの方は、毎月の収支のみを計算し、今月はこれだけ残った、または、これだけ赤字だったと一喜一憂している場合が多いと思います。
(違っていたらすみません)

 

しかし、それでは、財産がたまりません。

 

そこで、前年の収入・支出を1月から12月まで表にまとめて、毎月の推移を見てみましょう。

 

その上で、今年の目標貯蓄額を決定します。

 

目標貯蓄額が決まったら、前年の収入・支出実績をもとに、どうすれば目標貯蓄額を達成できるか、前年の実績(収入・支出)を書き換えながら考えて見ましょう。

 

考えた末に、目標貯蓄額を達成できそうな収入・支出計画(前年の収入・支出を書き換えながら検討した計画)が完成したら、それを自分の家の「予算」とし、毎月の収入・支出と突合せを行います。
(これを予算管理といいます。)

 

それを繰り返し、予算を達成できなかった月は、翌月にそれをカバーするには、どの経費を抑えるか検討します。

 

この繰り返しにより、目標貯蓄額を達成できるようがんばってみましょう。

 

結果として、目標貯蓄額が貯まらなかったとしても、今までのように成り行きにまかせているよりも、目標額に近い金額までいける可能性が高いと思います。

 

ぜひ、予算管理してみてください。

 

 

スポンサードリンク

主婦の方へ関連ページ

大学入試に簿記資格も!?
将来的に、大学入試に簿記資格試験も 利用されるかも知れません。

 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A