立替金・預り金取引

立替金・預り金取引

今回は、立替金と預り金の仕訳を見ていきたいと思います。

 

まず、用語の意味を覚えましょう。

 

「立替金」・・・会社が従業員などに対し、一時的に現金等を立て替えることにより生じる債権をいいます。
         当然に、立て替えた金額については、返済を求めることができる権利です。

 

「預り金」・・・会社が従業員などから、一時的に現金等を預ることにより生じる債務をいいます。
        当然に、預った金額については、後日返金する義務があります。

 

仕訳例で見ると、下記のとおりです。

 

(1)立替金取引

 

  (例)

 

   @今回、従業員Aが負担すべき、昼食の弁当代1,000円を立て替えました。

 

借方 金額 貸方 金額

立替金

1,000円

現金

1,000円

 

   A後日、従業員Aから、弁当代1,000円を現金で受け取りました。

 

借方 金額 貸方 金額

現金

1,000円

立替金

1,000円

 

(2)預り金取引

 

  (例)

 

   @従業員Bに、1月分給与 200,000円を支払う際に、源泉所得税を10,000円差し引き、
    支払った。(源泉所得税の預り)

 

借方 金額 貸方 金額

給料

200,000円

現金

190,000円

預り金

10,000円

 

 

   A従業員の1月分給与から預った源泉所得税を税務署に納付した。(支払った)

 

借方 金額 貸方 金額

預り金

10,000円

現金

10,000円

 

以上が、立替金・預り金取引になります。

 

 

簿記、日商簿記3級、簿記3級、仕訳

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A