前払金・前受金取引

前払金・前受金取引

日々取引を行っていると、会社によっては、商品購入の際に、先に手付金を支払ったり、手付金を受け取ったりする場合があると思います。

 

その場合に、使用する勘定科目が「前払金」と「前受金」です。

 

今回は、上記の勘定科目を説明したいと思います。

 

まず、「前払金」です。

 

前払金とは、「商品などの購入に当たって、手付金等を支払うことにより生ずる債権」をいいます。

 

つまり、商品代金の一部を先払いすることで生ずる債権で、後日商品を受け取ることができる権利をいいます。

 

そのため、資産に計上することになります。

 

次に、「前受金」です。

 

前受金とは、前払金の反対で「商品を販売するに当たって、手付金等を受け取ることにより生ずる債務」をいいます。

 

前受金は、商品代金の一部を先に受け取ることで生ずる債務で、後日商品を引き渡さなければならないものです。

 

そのため、負債に計上することになります。

 

具体的に仕訳例を見ていきたいと思います。

 

(1)前払金の場合

 

   @商品代金の一部100,000円を支払いました。

 

借方 金額 貸方 金額

前払金

100,000

現金

100,000

 

   Aその後、商品200,000円を購入し、残金は掛けで支払うこととなった。

 

借方 金額 貸方 金額

仕入高

200,000

前払金

100,000

買掛金

100,000

 

(2)前受金の場合

 

 

   @商品代金の一部50,000円を受け取りました。

 

借方 金額 貸方 金額

現金

50,000

前受金

50,000

 

   Aその後、商品100,000円を販売し、残金は掛けで受け取ることとなった。

 

借方 金額 貸方 金額

前受金

50,000

売上高

100,000

売掛金

50,000

 

 

 

以上が、前払金及び前受金の仕訳例になります。

 

 

簿記、日商簿記3級、簿記3級、仕訳

 

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A