現金・預金取引

現金・預金取引

一般的に「現金」と言えば、多くの方は「通貨」のことを思い浮かべるかもしれません。

 

しかし、簿記の場合には、通貨以外にも「通貨代用証券」も現金に含まれます。

 

「通貨代用証券」とは、小切手のように銀行などに持っていけば、いつでも通貨に交換できるものをいいます。

 

現金は、下記のように分けられます。

 

(1)簿記上の現金として処理されるもの

   @通貨
     ・貨幣
     ・硬貨

 

   A通貨代用証券
     ・他人振出小切手
     ・配当金領収書
     ・期限到来済みの公社債の利札
     ・郵便為替証書

(2)通貨代用証券

   @他人振出小切手
     他人が振り出した小切手を受け取った場合には、現金の増加として処理します。
     自分が振り出した小切手を受け取った場合には、当座預金の増加として処理します。
     (自分が振り出した際に当座預金の減少として処理しているため)

 

   A配当金領収書
     会社の株式を所有(株主)していると、その株式を発行している会社から配当金
    (利益の分配)が もらえる場合があります。
     配当金については、会社から株西へ配当金領収書が送付され、これを銀行などに
     持っていくと、現金に換えてもらえます。

 

   B公社債の利札
     公債(国債・地方債)や社債を購入すると、利息が受け取れます。
     利息は、公債や社債には、証券に利札が印刷されており、利息の支払い期限が
     到来したものを銀行に持っていくと現金に換えてくれます。

 

   C郵便為替証書
     郵便為替は送金するために利用される制度で、郵便局で現金を郵便為替証書に
     変換したのち、普通郵便で相手に送り、受け取った相手は郵便為替証書を郵便局に
     持っていけば現金に換えてもらえます。

(3)仕訳例

 

   @所有している株式会社Aの株式について、配当金領収書(80,000円)が送られてきました。
    

借方 金額 貸方 金額

現金

80,000円

受取配当金

80,000円

   A公債の利札(50,000円)の支払期日が到来しました。

借方 金額 貸方 金額

現金

50,000円

有価証券利息

50,000円

 

簿記の場合の現金の定義は、広いということを覚えておきましょう。

 

 

簿記、日商簿記3級、簿記3級、仕訳

簿記講座【資格の大原】
資格の大原 簿記講座 3大キャンペーン始まりました。 大原の講師は、簿記・会計講座の専任です!そのため、講義がわかりやすい!教材は、大原講師によるオリジナルで、無駄のない合格直結の学習が可能です。大原には、常勤の講師がいます。そのため、質問しやすい環境があります。また、個別に学習アドバイスが受けられます。大原は日商簿記と全経簿記教育のプロ。長年の指導で培われた教育システムには、定評があります。
ユーキャンの簿記(3級)講座

ユーキャンの教材はわかりやすい工夫が満載!知識ゼロでも安心! 簿記3級の学習が初めてという方のことを考え、初歩の初歩から丁寧に解説しています。更に、スタートアップDVDでスムーズに始められる!また、テキストは、イラストが豊富でわかりやすく、ポイントが一目でわかります。
資格の学校TAC<簿記検定>
TACの講師陣は、試験傾向を分析し日々研究を重ねることで、単に知識を提供するだけでなく、理解して覚えるためのノウハウを盛り込んだ熱い講義をお届けしています。また、3級〜1級で使用する「合格テキスト」は、各論点が受験対策用に整理されており、2色刷りで図解やイラストを用いて、わかりやすくレイアウトされています。更に、合格に必要な知識を修得できるように、効率性を重視したカリキュラムを組んでいます。

 

簿記、日商簿記3級、簿記3級、仕訳

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A