商品売買取引(分記法)

商品売買取引(分記法)

商品売買取引の仕訳処理には、2つあります。

 

1つは、「三分法」で、もう1つは、「分記法」です。

 

今回は、「分記法」について説明します。

 

「分記法」とは、商品売買において、資産を表す「商品勘定」と収益を表す「商品販売益勘定」の2つの勘定科目を
使用して記載する方法をです。

 

実際に仕訳例で見てみましょう。

 

例:商品(500,000円)を仕入れ、代金は銀行の普通預金口座から支払いました。
   その後、上記商品の半分を300,000円で販売し、代金を普通預金口座に振り込まれました。

 

【仕訳】

 

借方 金額 貸方 金額

商品

500,000円

普通預金

500,000円

普通預金

300,000円

商品

250,000円

商品販売益

50,000円

 

分記法は、商品の販売の都度、商品の原価及び販売益を商品勘定及び商品販売益勘定に区分して
記入するため、販売時点の商品勘定は商品の期末有高を示し、商品販売益勘定は当期の売上総利益
を示しています。
分記法は、宝石商などのような同一商品の数量が少なく、取引回数も少ない業種に使用されています。

 

 

簿記、日商簿記3級、簿記3級、仕訳、分記法

簿記講座【資格の大原】
資格の大原 簿記講座 3大キャンペーン始まりました。 大原の講師は、簿記・会計講座の専任です!そのため、講義がわかりやすい!教材は、大原講師によるオリジナルで、無駄のない合格直結の学習が可能です。大原には、常勤の講師がいます。そのため、質問しやすい環境があります。また、個別に学習アドバイスが受けられます。大原は日商簿記と全経簿記教育のプロ。長年の指導で培われた教育システムには、定評があります。
ユーキャンの簿記(3級)講座

ユーキャンの教材はわかりやすい工夫が満載!知識ゼロでも安心! 簿記3級の学習が初めてという方のことを考え、初歩の初歩から丁寧に解説しています。更に、スタートアップDVDでスムーズに始められる!また、テキストは、イラストが豊富でわかりやすく、ポイントが一目でわかります。
資格の学校TAC<簿記検定>
TACの講師陣は、試験傾向を分析し日々研究を重ねることで、単に知識を提供するだけでなく、理解して覚えるためのノウハウを盛り込んだ熱い講義をお届けしています。また、3級〜1級で使用する「合格テキスト」は、各論点が受験対策用に整理されており、2色刷りで図解やイラストを用いて、わかりやすくレイアウトされています。更に、合格に必要な知識を修得できるように、効率性を重視したカリキュラムを組んでいます。

 

簿記、日商簿記3級、簿記3級、仕訳、分記法

スポンサードリンク


 
トップページ 簿記検定試験の概要 簿記とは? 簿記の基礎知識 通信・通学講座 仕訳Q&A